口周りニキビによくある原因とは?

口周りのニキビは別名大人ニキビと呼ばれています。

 

10代の頃にできるニキビとは違って、いくつもの原因があるので、治すにも時間がかかり、繰り返し出来てしまうものです。

 

 

大人ニキビの原因には外的要因と内的要因があります。

 

 

外的要因とは口周りの乾燥と刺激によって起こるものです。

 

 

口周りは顔の中でも一番乾燥する場所であり、普通にお手入れしていても見落としやすいです。

 

 

乾燥することで皮脂が毛穴に溜まり、ニキビが出来やすい環境をいつの間にか作ってしまいます。

 

 

口周りは汚れが溜まりやすく、刺激を受けやすい場所です。

 

 

刺激と言えば食事時にナプキンで口をぬぐうことや、マスクをして肌と肌が擦れてしまうなどがあります。

 

 

男性ですと髭剃り時のシェイバーなどが刺激となります。

 

 

このうように刺激がかかると治りにくく、しつこく繰り返したりしてしまいます。

 

 

内的要因としてはホルモンバランスの乱れが挙げられます。

 

 

ホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバーの周期が乱れ、古い角質が厚い層となって残ってしまいます。

 

 

そうすることで、皮脂が上手に排出できず、毛穴に溜まって詰まってしまいニキビが出来てしまいます。

 

 

また、女性の場合は生理周期も関係しているので、生理前後にニキビが出来やすいのです。

 

また内的要因には胃腸不調があります。

 

 

栄養バランスの偏りや暴飲暴食などで、胃腸が消化不良を起こして、新陳代謝や免疫力を落としてしまいます。

 

 

代謝が悪いと古い角質が溜まりニキビに繋がってしまいます。

 

 

睡眠不足、偏った食生活、ストレス、お酒やたばこによって起こることも十分考えられますので、生活習慣の見直しが大事になってきますよね。

 

 

また、洗顔時にも洗顔料をすすぎ残ししてしまうと、そこからニキビが発症してしまう場合もあります。

 

 

洗顔後も注意しましょう。

 

洗顔後には肌は乾燥しています。

 

 

すぐに保湿してあげないと、乾燥を防ぐために皮脂が分泌していまうので、ニキビが出来やすくなったり悪化したりするのです。

 

 

その保湿ケアにも注意点があります。

 

 

油分の多いクリームや乳液で保湿すると、新しい皮脂分泌を妨げて、再生能力が低下してしまいます。

 

 

これらのことから考えても、自分の肌質に合った正しいスキンケアが必要となってきます。

 

関連ページ

口周りニキビの2通りの治し方
口周りニキビには2通りの治し方があります。生活習慣とスキンケアが口周りニキビの治し方には重要です。
口周りニキビを防ぐ正しい洗顔
口周りニキビはもちろんお肌にとっては正しい洗顔が基本です。口周りニキビに悩む人は洗顔方法と正しい洗顔料選びを学びましょう。